無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

10.
遊ぶ日当日

もうあんな思いしたくないと俺はあなたの家に迎えに行った。

ピーンポーン
あなた
はい、
そらちぃ
やっほー!むかえにきたよ!
あなた
あ、うん。ありがとう、
ん?気のせいかな?あなたの元気がない気がする。
そらちぃ
なんかあった?
あなた
、、、。
やっぱりなにか変だ。
けど、なんて言おう、、、
あなた
そら、
そらちぃ
え、
そら...って5年前のあなたの呼び方。
あなた
私、思い出したの。
そらちぃ
え、え?!
どどどどどどどーゆうこと??!!
あなた
とりあえず皆に話したいからアバハウス行こう?
そらちぃ
う、うん。
俺は言われるがままあなたをアバハウスに連れていった。

ガチャ
そらちぃ
ただいま、
エイジ
おかえり!!!
あなた
お邪魔します、
ツリメ
あれ?なんかあった?
リクヲ
元気なくない?
俺が言おうか?と目線を送る。
けどあなたは首を横に振る。
あなた
みんな、私ね思い出したの...
エイジ
え、
ツリメ
えっと、5年間のこと...
リクヲ
ほんとうに?!
あなた
うん。
そらちぃ
とりあえず中入ろう?
あなた
そーだね。
みんなリビングに行き、ソファーに座る。
あなた
私、昨日...