無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第35話

🐥





















サイン会から2ヶ月が経った 。























あなたとは楽しい話とか色々している 。



















君と話していると何だかすっごく落ち着くんだ 。























だから君ならテヒョンアのことも解決出来る気がするんだ 。





























そう思ってあなたに "テヒョンアの悩みも解決してほしい " そう伝えた 。































jimin
jimin
実は、、僕もテヒョンアの悩みをあんまり知らないんだ…

















そう、テヒョンアは何時も人のことばかりを優先して自分自身のことは後回しにしちゃう … 。























jimin
jimin
けどあいつも多分僕より悩んでること
があると思うからさ…












.
you
you
そうだったんですね… 。
you
you
私に出来るか分からないけれど
聞いてみます…









.
jimin
jimin
あなたなら出来るよ
jimin
jimin
だって僕のことを助けてくれたん
だもん !
















今ではジニヒョンが持つナイフ以外も見れるようになった






















皆にとってはほんの少ししか変わってない 。















そう思うかもしれないけれど、、























僕にとっては大きく進んだように思う 。





















これはあなたとみんなのお陰 。




















テヒョンアなんか僕の傍でずっと居てくれた 。

























次は僕がテヒョンアを助ける番だ !





































助けられるのは僕ではなくてあなただ!!



















































⇒