無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第130話

🦄























ずっと息切れが凄かったから一旦休憩して熱があるか確認した 。






























けれど平熱だった 。


























hs
hs
シウヤ無理しないでね






















.
シウ
うん


























それからシウの体調を気にしつつ毎日練習した 。































練習生になって一年後くらい 。





























シウが虐められてる事に気づいた 。
























気付いた時にはもう遅かったんだ 。





























僕のオンマから電話がかかってきた 。

























👩 『ホソガと仲良かったシウくん亡くなったんだっ
て』




















僕は一瞬耳を疑った 。

























hs
hs
え、、




















👩 『ビルの屋上から転落したんだって、、
恐らく自殺だろうって警察の方が、』




































シウが自殺なんてするはずない!!




















どこかで生きてる

























シウは絶対亡くなってない 。























僕は心の中でずっと思っていた 。

























⇒