無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第133話

🦄































数日後。






























僕を除いて4人がデビューすることが決まった 。























シウ、、、ごめんね、、、





















早く戻ってきて、、、



























そんな時にオンマから電話が鳴った 。
















👩 『ヨボセヨ』















hs
hs
ヨボセヨ…














👩 『練習頑張ってる?』




















hs
hs
うん…































本当はシウのことで頭がいっぱいで頑張れてもいない …

































👩   『シウくんのことでまだ立ち直れていない?』




















hs
hs
うん…



















👩 『実は、シウくんのオンマから連絡が来たの』





























hs
hs
え?
























👩 『シウくんの家に来て欲しいって』























hs
hs
…

















👩 『渡したい物があるみたいなの…』























hs
hs
…分かった、、、
hs
hs
シウの家に行ってみるよ、、






























⇒