無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第152話

🥀























その日はナムジュンさんのことで頭がいっぱいだった 。


















jm
jm
あなた??
you
you
あ、ジミンさん何ですか?
jm
jm
大丈夫??














私を覗き込んで聞くジミンさん






















you
you
はい!!大丈夫ですよ















今ナムジュンさんの話をするのはやめておこう …






























jm
jm
何かあったら言ってね
you
you
はい!!ありがとうございます























そう言ってジミンさんは練習に戻った 。


































⇒