無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第124話

🥀





















.
you
you
着きましたよ~
th
th
うわぁ~遊園地だ












テヒョンさんは5歳児のようにはしゃいでいる 。






















jm
jm
テヒョンアね、遊園地初めてらしいよ
you
you
そうなんですか?
jm
jm
うん、僕も昨日知ったんだけどね
you
you
だからあんなにテンション高いんだ
jm
jm
あなたに聞いてもらってから毎日のようにテンション高いけどね!ㅋㅋ
you
you
確かにそうですね!!

















.
th
th
おーい!!みんな早く~
jm
jm
うん!!














ジミンさんはテヒョンさんの元へ走っていった 。




























私はと言うとヒョンラインのジンさん、ユンギさん、ナムジュンさん、ホソクさんたちとゆっくり後ろをついて行く 。






























ジョングクさんはテヒョンさんとジミンさんと盛り上がっている 。






























you
you
3人とも楽しそうですね!
jn
jn
そうだね!!



















ホソクさんの顔を見るとホソクさんはまだちょっと悲しそうな顔をしている 。





























you
you
あ、ホソクさんってジェットコースター乗れますか?
















乗り物とか乗ったら元気になってくれるかも!!


















hs
hs
乗れるよ
you
you
じゃあ一緒にあれ乗りません?


















私が指さして言ったのはこの遊園地の中で1番怖いと言われているジェットコースター 。





















※Soul市内にあると思ってください








.
hs
hs
うん、乗ろう!











⇒