無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

🥀





















ジミンさんを落ち着くまで抱き締めている時 。






















hs
hs
ただいま












皆が帰ってきた 。



















皆はジミンさんのことを凄く心配そうに見ていた 。






















yg
yg
ジミナ大丈夫か?










ユンギさんが言ったときジミンさんは"はい、すみませんでした " と呟いた 。























yg
yg
ジミナが謝る必要ない
th
th
そうだよ













そう言ってテヒョンさんはジミンさんを抱き締めた 。




















テヒョンさんはジミンさんのこと1番考えているんだなって思う 。






























th
th
あなたありがとう










ジミンさんがホソクさん達と話している時テヒョンさんが私の方に来てそう言った 。


















you
you
いえ、、私は何もしてませんよ
th
th
あなたが聞いてくれたからジミナも
サイン会の前より表情が明るくなってる
th
th
あなたのお陰だよ
th
th
これからもジミナが悩んでる時
聞いてやってくれないかな?
th
th
僕だけじゃジミナもスッキリしな
いと思うから…
you
you
私でよければいいですよ










テヒョンさんは皆の所へ戻って行った 。






























⇒