無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第131話

🦄
 




















翌日 。


























立ち直れないまま練習に行く 。
























何時もなら隣でシウが踊っているのにいない 。
























きっと用事があって休んでるんだ 。























シウが亡くなったと認めたくないからそう思っている 。



























それから何日も経つけれどシウは練習室に来ない 。




























hs
hs
シウ、、どこにいるの??
hs
hs
僕と一緒に練習しようよ


















気付くと床にポタポタっと数滴の雫が落ちている 。


























僕泣いてるんだ 。






























それから日が経ってパンpdに呼ばれた 。


























pd
pd
ジウォン、ジフ、ハジュン、ミンジュ、ホソク
hs
hs
はい
pd
pd
お前たちのデビュー日が決まった 




















何で??























なんでこういう時にデビューが決まるんだよ、、





















シウがいなかったらデビューする意味なんてない





























僕がこのグループでデビューするのは絶対に無理だ



























だってシウを虐めた人たちだから 。





























⇒