無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第164話

🥀






















練習を始めてもう3時間くらい経ったからそろそろ差し入れでも買いに行こうかな


























私の作業も一段落したから休憩室にある自動販売機で皆がよく飲んでいる飲み物を買った 。


























nj
nj
はぁぁ……………

















あれ、、またナムジュンさんがいる

























近くのベンチで頭を抱えて座り込んでいる 。























you
you
ナム、、ジュンさん??
nj
nj
……
you
you
ナム、、、ジュンさんど、どうかし
ましたか?











何回か言ったけれど気付いていないみたいだから肩をポンポンっと叩いた 。

























nj
nj
あ、あなた…
you
you
大丈夫ですか??
nj
nj
う、うん…
















ナムジュンさんはいつものような笑顔じゃなかった 。

























nj
nj
……皆待ってるから、、行こっ
















そう言ってベンチを立てって向こうに行くナムジュンさん 。
























ここで聞かなかったらずっとこのままだ …























you
you
ナムジュンさん、、少し2人でお話
しませんか?
nj
nj
でも、、練習が───────
you
you
それなら終わってからでも構いません
you
you
皆と宿屋に帰ったあと2人でご飯でも
行きましょう
nj
nj
わ、わかった…………。
















⇒