無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第142話

🦄



























数日後 。








































パンpdに呼び出されて社長室に向かう 。






























hs
hs
失礼します 。
 



















社長室に入ると僕だけじゃなくて他の練習生が何人かいる 。































その中にはナムジュナもいた 。










































pd
pd
ジン、ユンギ、ナムジュン、ホソク、
ジミン、テヒョン、ジョングク


























パンpdは7人の名前を1人ずつ目を合わせながらゆっくり言う 。




































bts
bts
はい


















暫く間があってからパンpdは話し始めた 。






























pd
pd
お前たちのデビューが決まった





















遂に叶ったよ 。

























シウ、、お空で見てる??



























僕達のデビューが決まったんだ!!






























僕が絶対シウの分まで頑張るからね!!









































pd
pd
ホソガ、、よく頑張ったな

























パンpdは僕をギュッとして耳元で囁く 。






























自然と涙がポタッと零れ落ちる 。





























hs
hs
はい、
hs
hs
ありがとうございます、、、






























⇒