無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第285話

主人公ちゃんの過去




















アッパが そうそう と言うとその男性は近付いてきて、









pd
pd
俺はパンシヒョク。
pd
pd
よろしくね











.
you
you
わ、私はイ  あなたです…
you
you
よ、よろしくお願いします










そう言うと、パンさんと言う人が首に手を当て頭を傾ける 。










この人変わった人だな………










pd
pd
イ あなた……
you
you
え???









なに急に私の名前を言ってるの??









pd
pd
俺の妹の娘と同姓同名だ









まじまじと私の顔を見つめてくる 。









you
you
な、なんですか??










.
pd
pd
俺の妹と顔がそっくりだなって
pd
pd
イ ミヨンって知ってる?








イ ミヨン…………私の本当のオンマの名前 。









you
you
……は、はい、知ってます
you
you
私の、、、、本当のオンマです……








.
pd
pd
そうだったか、、、、、
pd
pd
あなたちゃん、、会えて嬉しいよ
pd
pd
気付いてやれなくてごめんな……
you
you
い、いえ、、、、











それから本当のオンマとアッパのことを聞いたり、今の生活について話した 。











pd
pd
今日はありがとう
pd
pd
また会いに行くからな










そう言って私とソジュンアッパは家へと帰って行く 。










パンさんが私の叔父さんだったなんて …










それからは叔父さんって言うようになって、











叔父さんもあなたって呼ぶようになった 。










時々連絡をとって会っている 。











それから、2年後 。










叔父さんに呼ばれて big hit entertainment と書かれている建物に入って社長室に行くと、











pd
pd
マネージャにならないか?











って誘われた 。











これが私の過去 。













end