無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第239話

🐰























御手洗を済ませて戻ってくる 。























イェリ
イェリ
あ、ジョングクさん烏龍茶きましたよ
jk
jk
あ、ありがとうございます



















僕は何が入ってるかも気にせずに飲んでしまった 。























ゴクッ


























あれ………何だか眠くなってきた 。


























そこで僕は意識を途絶えた 。































⇒