無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第63話

🐯























宿屋に皆を集めて僕の過去を全て話した 。























途中涙で声が震えてしまったけれどあなたが手をギュッと握ってくれて全て言うことが出来た





















jm
jm
テヒョンア…ごめんね…
th
th
何でジミナが謝るんだよ
jm
jm
だってテヒョンアもこんなに辛い思い
してるのに、、何も出来なくて、、














ジミナは本当に友達想いだよな…




















th
th
僕が皆に言ってなかったんだし気にしなくていいよ
jn
jn
テヒョンア、、無理すんなよ
nj
nj
また何かあったら言うんだよ?
th
th
はい、ありがとうございます























話し終わってから各自部屋に戻った 。




















you
you
テヒョンさん、、よくできました!
th
th
あ、ありがとう?ㅋㅋ
you
you
テヒョンさんは笑ってた方がいいです!
th
th
そう??
you
you
はい!!!
you
you
天国にいるおじいさんもきっと嬉しい
と思いますよ
th
th
だったらいいね!!!
you
you
はい!
you
you
あ、これご褒美です!ㅋㅋ














あなたは僕のおでこにシールを貼った 。


















th
th
なに??









.
jm
jm
テヒョンアㅋㅋ可愛い













可愛い?














ジミナが パシャッ とスマホで写真を撮った 。





















th
th
ジミナ、なんで撮るの??
jm
jm
はい、これㅋㅋ











は、恥ずかしい、、ㅋㅋ


















おでこの真ん中に   よくできました  って書いてあるシールが貼ってあると想像してみてください 。




























th
th
あなたやったな~
you
you
ご褒美ですよ??ㅋㅋ
th
th
また何時か同じことしてやるっ!、ㅋㅋ
th
th
けど有難くもらうよㅋㅋ
you
you
捨ててくれて構いませんからね!!
th
th
ありがとう!!






















自分の部屋に戻った 。


















本当はあなたのすることが可愛すぎてにやにやしてるテヒョンくんですㅋㅋ

















因みにシールは保存してるみたい

































⇒