無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第38話

🐯
























朝 。

















th
th
んんッ!














目が覚めて起き上がろうとするとベッドに伏せて寝ているあなたがいた 。























何であなたが僕の部屋に??




















疑問に思いながら起こさないようにベッドを降りて服を選んだ 。



















※因みにあなたちゃんの寝ている体制はこんな感じ
グクがあなたちゃんだと思ってください


















you
you
んんッ
you
you
あ、テヒョンさん起きてたんですね
th
th
あ、ああ…
th
th
何であなたがここにいるの?
you
you
あ、すみません、、









それから 何故僕の部屋で寝ていたのか を全て話してくれた 。























th
th
そうだったんだ…
you
you
テヒョンさんも何かあったら私に
言ってくださいね
th
th
うん、ありがとう










そう言ってくれるけれどまだ言えないんだ…



















あの時のことを思い出すと今にでも崩れてしまいそうだから…

























⇒