無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第59話

🐯













病室に行くとおじいちゃんは打ち覆いをかけられていた…。

























th
th
じいちゃん…








僕は涙を流しながら じいちゃん その言葉を何度も何度も呼び続けた 。




















おじいちゃんの手を触れてみると冷たかった 。




















その時漸くおじいちゃんが亡くなったと確信した 。























それからおじいちゃんの横で泣き続けた…



















nurse 『キムさん…もう面会時間過ぎてます… 。』

















th
th
そうですよね…。すみません、、
th
th
祖父を最後までありがとうございました。
先生方には本当にお世話になりました














僕はそう言って宿屋に戻った 。































⇒