無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第137話

🦄


























シウからの手紙を読み終わり、涙が止まらない、、





















本当にごめんね、、と言う気持ちとこれからシウの分まで練習頑張るから 。















































それから僕はシウと一緒にした時のように毎日練習を欠かさずした 。




























シウのことを虐めた人を見返してやる 。





















そういう思いで頑張った 。


























一から只管頑張った 。



















けれど1度デビューを断っているから直ぐにはデビュー出来なかった 。




















1年後 。


















とうとう僕と同い歳の練習生が少なくなった 。


















同い歳の練習生がいるとしても僕より期間が短い 。






















だから後輩から虐められるようになった 。




























⇒