無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第248話

🐰






















それからジミニヒョン、ジニヒョン、テヒョンイヒョン、あなたと向かった 。



























you
you
私たちがジョングクさんを絶対に
守りますから!






















何であなたはあんなにおかしな態度したのに笑顔で接してくれるの?























































それから僕はイェリさんの所に1人で行った 。































jm
jm
あ、ジョングガとイェリさん!
th
th
もしかして2人付き合ってたり?















2人とも演技には見えないように話しかけてくる 。



























ヒョンたちはほんとにすごいな…




















イェリ
イェリ
あ、い、いや、はい、付き合ってまs...
jk
jk
付き合ってないよ




















イェリさんが付き合ってますって言う前に僕は声を上げた 。

























th
th
じゃあ、何でホテルにいるの?
イェリ
イェリ
そ、それは………ホテルのなかにある
レストランでご飯にする約束だったか
らです
jn
jn
イェリさん、、、嘘ついてますよね



















それからイェリさんは何も言わずに逃げていった 。






















そういう所もミンジさんと似てるな…




















⇒