無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第156話

🐥




















僕と話したあともあなたはまだぼーっとしていて18時





















jn
jn
あなたもう時間だけど帰らないの?

























僕もダンスの確認をしていたから18時になっていることに気付かなかった 。
























th
th
あなた今日ぼーっとしてばかりいるけど
何かあったのかな??
jimin
jimin
さっき話してたんだけど緊張してる
みたい
th
th
なにに??
jimin
jimin
ライブツアーだよ
jimin
jimin
あなたにとっては初めてだから失敗
しないか不安みたい
th
th
そっか…
jimin
jimin
まあ、明日になったら元気になってる
かもしれないから様子見よう
th
th
そうだね






















こんな話をしているともう宿屋に到着 。






















jn
jn
あなたや~
jn
jn
ご飯作ろ~
you
you
はい!!!






















練習の時より笑顔で良かった




























⇒