無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第134話

🦄































シウのオンマに行くと連絡した 。























黒いスーツを着てシウのオンマが住んでいる家に向かった 。

























ピンポーン
















🙎‍♀️(シウ's mother) 『あら、ホソクくん、こんにちは。』























一番悲しいのはシウのオンマの方なのに笑顔で迎えてくれた 。

































hs
hs
こんにちは…
hs
hs
こ、心から、、お悔やみ申し上げます、、
















🙎‍♀️ 『さ、上がって』

























hs
hs
…お邪魔します













🙎‍♀️ 『ここ座って!!』



















hs
hs
失礼します…




















.
hs
hs
あの、、、お線香あげさせてください、、
















🙎‍♀️ 『いいわよ、、シウも喜ぶと思うわ』























僕は仏壇の目の前に座ってお線香をあげた 。























⇒