無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第43話

🐯




















小学4年生 。
























虐待を受けながらも学校には必ず行った 。






















👧 『テヒョンくん、顔色悪いけど大丈夫?』




















🐯 『うん、大丈夫だよ!心配してくれてありがと
う』



















クラスの人達が心配してくれた 。

















唯一の逃げ場が 学校 だから先生に助けを求めるのも一つの手段 。



















けれどオンマから














"絶対に誰にも言ったらいけない。"
















"もしバレたらどうなるか分かってる?"


















脅されているから先生には言えない … 。























ずっとこんな日が続くのだろうか… 。



































⇒