無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第64話

🐥





















テヒョンアから過去を全て聞いた 。






















テヒョンアの悩みをあんまり知らなかったからびっくりした 。























僕が知っていたのは おじいちゃんに育ててもらったこと それだけしか知らなかった …。



























テヒョンアも自室に戻りあなたと二人きり 。





























jimin
jimin
あなたありがとう!!
you
you
いえ、私は何もしてませんよ!
jimin
jimin
いや、あなたのお陰だよ
jimin
jimin
今度、お礼に何か奢らせて?
you
you
え、そんな、、ジミンさんに奢って
もらうなんて申し訳ないです
jimin
jimin
いーの!!
jimin
jimin
僕がしたいから!!
you
you
じゃあお言葉に甘えて!!
ありがとうございますっ







































⇒