無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

🐥





















控え室 。






















テヒョンアがお水を持ってきてくれて僕が落ち着くまで傍にいてくれた 。





















jimin
jimin
どうしよう…。
僕のせいでスタッフさんの頬を
怪我させちゃった…




.
th
th
ジミナのせいじゃないから
そんなに自分を追い込まないで





.
th
th
ジミナ怖かったな…








僕を優しく包み込んでくれた 。













jimin
jimin
あの時、、、僕は、、なんて言えば
良かったの??












今日のサイン会でのことや話した内容をすべてテヒョンアに話した 。















th
th
僕でも戸惑ってたと思う
th
th
何も言えなかったとしてもジミナは
凄かったよ













staff 『お話中失礼します。あの女性は警察に行った
ので安心してください。』





















jimin
jimin
あの、、、スタッフさんは
大丈夫ですか?










スタッフ 『幸い軽い怪我で済んだので大丈夫です』












jimin
jimin
良かった…

















⇒