無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第114話

🐯

























皆がダイニングに揃いご飯を食べる 。






















you
you
美味しい!
th
th
これごま油入だよ?
you
you
はい!!意外と美味しいですよ
テヒョンさんも食べてみてください
jn
jn
意外とってㅋㅋ












パクリ



















th
th
んー、やっぱりごま油が強い
jm
jm
だよね!!美味しくないわけではないんだけど、ごま油の味が勝ってる


















.
jk
jk
前にあなたジニヒョンの朝ごはんすごく美味しいって言ってなかった?












確かに言ってたな 。




















jm
jm
言ってた!!
th
th
あの時はごま油入ってたっけ?
jn
jn
あの時も入れてたよ





















あなたとジニヒョン、味覚が似てるのかな?





















jk
jk
そうだ、、昨日のバラエティ番組で質問
あったじゃないですか
jk
jk
あの時練習生の頃のこと思い出しちゃいました
jk
jk
懐かしいな~って














ホソギヒョンの方をチラッと見る 。





















さっきよりも悲しそうな顔をしている 。
























jm
jm
そうだね!!懐かしかった
jm
jm
今振り返るとあの時はひたすら練習頑張ってた











.
hs
hs
ご馳走様






















" ご馳走様 "とだけ言ってホソギヒョンは自室に戻って行った 。































⇒