無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第272話

🐭
























俺は亡くなったジュンヨンとオンマと会いずっと見つめてた 。
































yg
yg
なんで、俺を置いていくんだよ………

























泣きながらずっと呟いた 。



























俺は家に戻り暗闇のなか1人で泣き続けた 。






















俺も死のうかな。


























そう思った 。




















だけど、アッパがいる 。


























アッパのためにも生きなきゃ

























⇒