無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第225話

🐰























.
ミンジ
ミンジ
それはねッ私はグクよりのarmyだからですよッ
ミンジ
ミンジ
私がメイクになればジョングクさんと近付けるでしょッ?
ミンジ
ミンジ
だから私は頑張ってメイクになったんですッ






















armyだったんだ─────





















ミンジ
ミンジ
話を戻すけどこの写真バレちゃまずいでしょ?
ミンジ
ミンジ
ジョングクさんだけじゃなくメンバーにだって支障が出るんですもの
ミンジ
ミンジ
ジョングクさんはどうしますか?
jk
jk
…ッどうするって
ミンジ
ミンジ
ジョングクさんが私をこれからも抱いてくれるのならバラしませんッ
ミンジ
ミンジ
もしこれを断るのならジョングクさんと私のキスしている写真とホテルに向かう写真の両方をバラします



























ここで断ったらヒョン達にも迷惑かかるんだよね?





























迷惑かけてarmyを減らすような事は絶対にしたくないッ
























jk
jk
…わ、分かりました…
ミンジ
ミンジ
ジョングクさんならそう答えてくれると思ったッ!!
ミンジ
ミンジ
じゃあ、今日はこのまま帰りましょう
ミンジ
ミンジ
明日、終わってから今日待ち合わせした駅に来てくださいッ
ミンジ
ミンジ
来なかったら分かってますよね?
jk
jk
………………はい
ミンジ
ミンジ
それからこのことはメンバーに言わないでくださいねッ!


























⇒