無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第122話

🥀























次はジョングクさん 。

























ジョングクさんもなかなか起きない、































you
you
ジョングクさん!起きてください
jk
jk
…
you
you
ジョーンーグークーさーん
jk
jk
んんっ
you
you
今日ジョングクさんだけお留守番になりますよ
jk
jk
それはヤダ!
you
you
なら起きてください
jk
jk
はい
























最後はテヒョンさん 。























you
you
テヒョンさん起きてください!、













案の定反応は無い … 。




























you
you
テヒョンさんー
you
you
起きてください!!















トントンっと肩を叩く 。






















th
th
あ、あなた、、























ニコ〜っと微笑んで起きるかと思うと






















th
th
ポッポしてくれたら起きる!























そう言ってポッポしてくれるのを待っている 。
























you
you
無理です!!!
th
th
えー、、、頬っぺたでいいからさ
th
th
お願い!!























上目遣いで言うテヒョンさん 。






















か、可愛い!





























テヒョンさんの上目遣いに負けちゃったあなたちゃんは   チュッ  と頬にポッポをする 。






























you
you
もうしませんからねっ!!






















そう言ってテヒョンさんの部屋を出て行った 。































あとからカーッと顔が熱くなる 。

































⇒