無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第232話

🐰



























それからミンジさんはクビになり、僕達に顔を出すことは一切なかった 。







































jk
jk
はぁ…まともな生活がやっと送れる!























ミンジさんがいなくなってからとても解放感された気分になった 。































th
th
グガ!!次は言うんだよッ
jk
jk
はい



























それから僕は新しく入ってきたスタッフさんには

























armyですか?



















と尋ねるようになった 。






























二度とこんなことが起きないように…





























もう自分の身体を犠牲にするようなことはしたくないッ

























それに怖い思いをしたくないッ






















⇒