無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第178話

🐨





















近くのベンチに座り頭を抱えた 。

























皆は何も悪くないのに何で当たってるんだよ






















自分に腹が立つ 。



























nm
nm
もう、、、、、最悪
nm
nm
はぁぁ……
you
you
ナム、、、ジュンさん、ど、どうか、
しましたか???
nm
nm
あ、あなた、、、















肩をポンポンと叩かれてあなたがいるのに気づいた 。


























you
you
大丈夫ですか?
nm
nm
う、うん













あなたは下にしゃがんで僕と目を合わせて言った 。

























nm
nm
……皆待ってるから、、行こっ
















そう言ってベンチを立てった 。



















you
you
ナムジュンさん、、少し2人でお話
しませんか?
nm
nm
でも、練習が───────
you
you
それなら終わってからでも構いません
you
you
皆と宿屋に帰ったあと2人でご飯でも
行きましょう
nm
nm
わ、わかった………















本当は行きたくない…………















だってまた皆のように当たってしまうから────



















⇒