無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

🥀




















私の叔父 パンシヒョク はBIG HITの社長を務めている。














あの世界的ビッグアイドルの 防弾少年団 ことBTSを育成してきた凄い人 。















叔父に呼ばれてBIG HITに向かった 。











pd
pd
よく来てくれたな、あなた
you
you
叔父さんどうしたんですか?
pd
pd
あの急でびっくりするかも
しれないんだけど防弾少年団の
マネージャーをしてくれないか?
you
you
え、私がですか?
pd
pd
ああ…。
pd
pd
あなた自身が変われるきっかけにもなる
と思う…。
pd
pd
彼らは世界中で注目を浴びている。
けれどそれは表の顔だ
you
you
え?
pd
pd
本当の彼らは悲しみで満ち溢れている
んだ
pd
pd
だから防弾少年団に入ってあなたが
彼らの悩みを解決してあげてくれ。
you
you
私なんかが出来ますかね…
pd
pd
あなたも辛い経験をしてきたからこそ
出来ると思うんだ
pd
pd
自信を持つことが大切だよ
you
you
はい…












これからどうしよう… 。















⇒