無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第113話

🐯


























あと少しでハンバーグ完成 。
























th
th
にしてもごま油の匂いきつい
jn
jn
え、いい香りじゃんアヒャヒャヒャヒャ
jn
jn
ね、あなた
you
you
え、ごま油の匂いはいい香りだけど
流石にこの匂いはキツすぎです
jn
jn
えー、




















ガチャ

















誰かが自室から出てきたみたい 。























jm
jm
ねえ、匂いキツすぎる
th
th
だよね、ジミナ
jn
jn
えー、ジミナまで、、



















何とかハンバーグが完成してあなたが盛りつけをする 。























you
you
あ、もう出来るので皆を呼んでください
th
th
分かった!















僕はキッチンを出てひとりひとり呼びに行く 。
























ユンギヒョンとナムジュニヒョン、ジョングガを呼び終わり最後はホソギヒョン 。





















th
th
ホソギヒョン、、夕食できました
hs
hs
あ、うん、、分かった、、














震えた声でホソギヒョンは答えた 。


























もしかしてホソギヒョン泣いてたの?
































⇒