無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第162話

🥀

























音楽番組を終えて楽屋に戻ってきた 。

















th
th
あなた~!!!












ギューーッ












you
you
うぅ…













テヒョンさんは何時も勢いよく抱きしめてくるから足がよろけちゃうんだよねㅎㅎ














jm
jm
テヒョンアはあなたに抱きつくために
朝テンション高かったんだよㅎㅎ
th
th
ちょっとジミナそれ言わないでよ~ㅠㅠ
th
th
あなたにバレちゃうじゃん
jm
jm
いや、もうバレちゃったねㅎㅎ













テヒョンさんってちょっと天然なところがあるよねㅎㅎ




















you
you
じゃあメイク落としてきてください
th
th
あなたに落としてもらいたい
you
you
え??
th
th
いいよねいいよね??
you
you
メイクさんがいるじゃないですか
th
th
いや、あなたがいい←

















こんな顔で言われたら断れないじゃん



























.
you
you
仕方ない//今回だけですよ
jm
jm
じゃあ僕もおねがい←











え????


















you
you
ジミンさんもですか?
jm
jm
ダメ??
you
you
ジミンさんも今回だけですよ//
jm
jm
やった!!!




.
眼鏡かけてるジミンちゃんめちゃめちゃ好き❣️(((











⇒