無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

🥀




















叔父さんはできるって言ってたけれど本当に私にできるのだろうか…


















私に彼達の悩みを伝えてくれるのだろうか…












そんなことを考えているうちに目の前は彼等が練習している部屋の目の前 

















恐る恐るドアを開けてみる










ガチャ










you
you
失礼します…










練習していた彼たちは瞬時に足を止め私の方に注目した













彼らは凄く目を見開いている













you
you
こ、こんにちは…。
マネージャーを担当する事になった
イ あなた です。
th
th
あなたちゃん!!
よろしくね
you
you
よろしくです
jk
jk
あの、、army??
you
you
armyって何ですか?
yg
yg
この感じだとarmyじゃなさそうだな
jm
jm
armyっていうのはね僕達のファン
の名前なんだ
you
you
そうなんですね








本当に悩みがあるのかな??
















⇒