無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第66話

🐯

























皆は自室でまったりと過ごしているとき 。























喉が渇いたからキッチンに向かった 。




















jm
jm
じゃあ11時くらいに行こうよ!
you
you
はい!!!

















あなたとジミナの声がする …



















リビングに向かうと2人で楽しそうに話していた 。



























jm
jm
あなたが喜びそうなカフェを見つけたんだよね!!














やっぱり2人で出かけるのか??




















jm
jm
そこに行きたいな~ってㅋㅋ













何だろう胸がモヤモヤする … 。

























you
you
いいですね!!
明日楽しみです

















2人で行ってほしくない …



















th
th
僕も行きたい~!














思わず口走っちゃった、、





















you
you
私はいいですけどジミンさんは?
jm
jm
あなたが良いならいいよ!
th
th
やった!!!



































⇒