無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第34話

🥀





















それからはジミンさんと 悩み 以外にも沢山話すようになった 。




































jm
jm
あなた、、テヒョンアの悩みも聞いて
あげてほしい…
you
you
え?
jm
jm
テヒョンアも多分悩みを抱えてると
思うんだ…
jm
jm
僕がテヒョンアの部屋で暫くいる時
急に目が覚めたんだ…
jm
jm
そしたらテヒョンアも魘されていて
苦しそうだったから起こしたんだよ…
you
you
そうですか、、
jm
jm
聞くタイミングは何時でもいいからさ
お願い!!
you
you
わ、わかりました、、
jm
jm
ありがとう













ジミンさんもテヒョンさんのことよく見てるんだな 。


























⇒