無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第26話

🐥






















サイン会 。






















マネヒョンの車に乗って現場会場に行った 。






















どんどん近付くサイン会場 。

















控室で待機するだけだから過呼吸何て起きないよね?




















けれど会場を見るのが怖くてずっと下を向いていた 。











th
th
ジミナ…















テヒョンアは僕の名前を呼んで手を握ってくれた 。



















テヒョンアの手は温もりを感じた 。





















jimin
jimin
僕は大丈夫だよ












.
jk
jk
ジミニヒョン…
無理しないでくださいね













.
jimin
jimin
皆ありがとう… 















⇒