第8話

彼女?
次の日


昨日みた先生の横にいた女の人は誰なんだろう。


聞きたいけど怖くて聞けない。



一日中、そんなことばっかり考えていたら
放課後先生に呼び出された




永瀬先生
あなた、今日珍しく授業に集中してなかったみたいやん、どした?体調でも悪いんか?
(先生が生徒に対して名前呼びになっているのは気にしないでください。)
あなた

…その、昨日…見ちゃって

永瀬先生
…なにを?
あなた

先生が…校門の近くで、女の人と話してるところ…、気になっちゃって、

永瀬先生
あぁ…(バレてたんか、)
あなた

あのっ、私が関係ないのは分かってます、でもっ、、、あの女の人と先生は…
どんな関係なんですか、?

永瀬先生
…彼女だよ、
あなた

…かの、じょ、さん?

永瀬先生
そう、
(まぁ俺は冷めてきてるんやけど、)
あなた

そうなんですね、!
すみません、変な事聞いて、

永瀬先生
いや、あ、もう暗くなってきてる…
あなた

え、

先生が言う通り、窓の外を見ると夕日が沈みかけている


永瀬先生
危ないから送ってこうか、?
あなた

いえ、結構です。自分で帰れるので

永瀬先生
そうか…気をつけて帰るんやで
あなた

はい、では











学校の外に出た瞬間溢れ出す涙。











彼女とか…
















聞いてない…








涙でぐちゃぐちゃの顔なんてお母さんに見せられないからとりあえず河川敷で座ってゆっくりすることにした。





好きな人に好きな人がいるとか…








考えたこと無かった_________






ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いつも読んで下さる皆様へ



いつもありがとうございます。

今日は報告です。



ついに、このお話の映画予告風動画が完成致しました!



私のTwitterに飛んで、固ツイの映画予告風動画っていうURLに行けば見れます!

是非見てください!



今後もゆんをよろしくお願いします。