無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

事件
何するのー!?って思ってた次の瞬間
体がふわっと宙に浮いた
永絆(ナズナ)
永絆(ナズナ)
へ?
そのまま凪颯の背中にストンと乗せられる
これって、、おんぶ?
凪颯(ナギサ)
凪颯(ナギサ)
こーしたら動けるし、入学式行けるだろ?
そう言ってニヤッと笑う凪颯
永絆(ナズナ)
永絆(ナズナ)
う、うん!ありがとね、、
凪颯(ナギサ)
凪颯(ナギサ)
じゃあ、しっかり捕まってろよ?
そう言って走り出す凪颯
言われた通り少し恥ずかしかったけど頑張って凪颯の制服をキュッと掴んだ
キーンコーンカーンコーン
ガラッ
チャイムと同時に滑り込み
すると、ザワっと辺りがざわつき
先生らしき人に
先生
どうして遅刻したんだ?
少し怒り気味で怒られそうになった時に
凪颯がすっと前に出て
凪颯(ナギサ)
凪颯(ナギサ)
すいません、こいつ具合が悪くて、、
凪颯が説明する
先生
そうだったのか?すまん
先生
えーっと
先生
そこの男子、、
凪颯(ナギサ)
凪颯(ナギサ)
塩付凪颯です
先生
じゃあ、塩付、えっと、
凪颯(ナギサ)
凪颯(ナギサ)
彼女は史緒永絆です
先生
塩付、史緒を2階にある保健室に連れてやってくれ
先生
場所は、、
詩奈
詩奈
あたしついて行きます
先生
君は?
詩奈
詩奈
暁詩奈です
先生
ふむ、塩付、暁 頼むぞ
詩奈
詩奈
はい、行こう凪颯くん
凪颯(ナギサ)
凪颯(ナギサ)
うん
永絆は安心して寝ました