無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

保健室
凪颯(ナギサ)
凪颯(ナギサ)
っと、保険の先生居ないのか、、?
詩奈
詩奈
そりゃ、式の最中だもんね
凪颯(ナギサ)
凪颯(ナギサ)
どーしよ
詩奈
詩奈
とりあえずベッドに寝かせれば?
凪颯(ナギサ)
凪颯(ナギサ)
そーだな
ガラッ
梓沙(アズサ)
梓沙(アズサ)
うえ〜なんでいんの?
凪颯(ナギサ)
凪颯(ナギサ)
いや、お前こそ
詩奈
詩奈
永絆の元カレ!?
詩奈
詩奈
同じ学校だったの!?
凪颯(ナギサ)
凪颯(ナギサ)
んと、
梓沙(アズサ)
梓沙(アズサ)
あーはいはい、うるさいなぁ
梓沙(アズサ)
梓沙(アズサ)
俺は寝るから
凪颯(ナギサ)
凪颯(ナギサ)
ちょっ、そこは、、!
梓沙(アズサ)
梓沙(アズサ)
あれぇ?永絆じゃん
そのまますっと手を伸ばし、永絆の頬に触れた
梓沙(アズサ)
梓沙(アズサ)
もちっもちだなぁ、、
凪颯(ナギサ)
凪颯(ナギサ)
おいっ!
なんか無性にイラつく
ペちっ
梓がボーゼンとしてある人物を見ていた
詩奈
詩奈
いい加減にしなさいよ
詩奈だった