無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

似ている私とキミ
桜が舞い散るこの季節
私たちは高校生になった
私たちというのは
私・史緒永絆しおなずなと彼・潮付凪颯しおつなぎさのこと
永絆(ナズナ)
永絆(ナズナ)
凪颯〜!起きて!
凪颯(ナギサ)
凪颯(ナギサ)
う〜い
半目しか開いていない凪颯はほっとき
キッチンで料理する私
私たちは幼馴染
私たちの両親は2年前旅行へ行った時に交通事故にあって亡くなった
後に残された私と凪颯は親戚に引き取られそうになったが凪颯と離れたくない一心で「2人で大丈夫だから!お願いします」
そう言って何とか凪颯と離れるのを逃れた
今思うと凪颯には迷惑かけてばかりだなぁとつくづく思う
だからこそできることはしてあげたい
今もこうして弁当と朝食を作っている
凪颯(ナギサ)
凪颯(ナギサ)
はよ〜
2回目のおはようだなぁと思いながら
永絆(ナズナ)
永絆(ナズナ)
おはよっ!
と振り向いたが後に叫ぶ
永絆(ナズナ)
永絆(ナズナ)
き、きゃぁぁぁぁ
永絆(ナズナ)
永絆(ナズナ)
なんで半裸なの!?
まだ寝ぼけている凪颯の格好
半裸
ここが凪颯の困るところ
私は凪颯のこと好きなのに
凪颯は妹のようにしか私を見てくれないってこと
絶対振り向かせてみせるんだから!
そう決心しながら弁当に食材を詰める私であった