無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第49話

四十三話
ネージュ
ネージュ
…とりあえず、ご飯取ってこようよ。
あなた

あ、うん。






ご飯をとってきた。


2人 いただきます。
あなた

モグモグ…

あなた

ん!美味しい!

あなた

ていうか、ネージュ君は林檎が好きなの?

ネージュ
ネージュ
え?
あなた

だって、林檎のサラダとか、豚肉に林檎のソースをかけたヤツとか…林檎系のやつしか食べてなくない?

ネージュ
ネージュ
まあ…
ネージュ
ネージュ
そ、そんなことはどうでもいいじゃん…
あなた

…?

あなた

(ネージュ君、怒っちゃった…?)

あなた

……

ネージュ
ネージュ
…ごちそうさまでした。
あなた

え、食べるの早くない…?

ネージュ
ネージュ
そう?
ネージュ
ネージュ
ていうか、あなたは食べるの遅くない…?
ネージュ
ネージュ
早くしないと、先に器片付けちゃうよ?
あなた

あ、ちょっと待って…!








あなたが食べ終わり、お皿を片付けた。
ネージュ
ネージュ
そろそろお風呂入んないと…
ネージュ
ネージュ
ここの部屋、お風呂場もあるんだよね。
あなた

へ〜、お風呂場もあるんだ…

ネージュ
ネージュ
んで、どっち先に入る?
ネージュ
ネージュ
それとも、一緒に入る…
あなた

…(ドン引きの顔)

ネージュ
ネージュ
プッ…悪かったって…フフ…
ネージュ
ネージュ
(ほんと面白いな、この子)




結局、あなた→ネージュの順でお風呂に入ることに。




あなたがお風呂入り終わり…
あなた

ネージュ君、お風呂入り終わったよ〜

ネージュ
ネージュ
ん。
ネージュ
ネージュ
(…あなたからお風呂上がりのいい匂いがする)
ネージュ
ネージュ
んじゃ、僕も入ってくる。




ネージュもお風呂入り終わり…
あなた

あ、ネージュ君…

あなた

!!?