無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第63話

リリア先輩 お誕生日おめでとう!2



皆 「お誕生日おめでとうございます!」
リリア
リリア
ありがとう。
あなた

…あの、先輩。

リリア
リリア
おお、あなたか。お前も祝いに来てくれたんだな。嬉しいぞ。
あなた

これ、プレゼントです…

リリア
リリア
リリア
リリア
ふふっ…
あなた

リリア
リリア
ありがとう、あなた。
リリア
リリア
なあ、ちょっと涼みにベランダへ行かないか?
あなた

良いですよ!





それを見ていたマレウス…
マレウス
マレウス
(リリア、喜んでいるようだ…あんな笑顔は滅多に見れない)
マレウス
マレウス
(よかったな…)




ーーーベランダーーー
あなた

…くしゅっ!

リリア
リリア
おや、寒いか?
あなた

少し…




ふわっ
あなた

!!



リリアがあなたに近づき、何処からか持ってきた毛布をあなたと羽織る。
リリア
リリア
これで、あったかいだろう?
あなた

…はい!





少し近づけば、鼻先が触れそうな距離だ。
あなた

(少しドキドキするな…)

リリア
リリア
…なあ、あなたよ。
あなた

はい?





あなたが振り返る…
あなた

リリア
リリア
…!
リリア
リリア
ふふっ、これは事故だな…
あなた

恥ずかしっ…///

リリア
リリア
これが世が言う"事故チュー"というやつなのか…
リリア
リリア
でも、ワシは事故チューじゃなくて、本当の"チュー"がしたいのだが。
あなた

っ…!

リリア
リリア
いいだろう?だって今日はワシの誕生日なのだから…
あなた

…誕生日じゃなくても、キスはしたいです…

リリア
リリア
あなた

…はっ!

あなた

わっ、私変なこと言いましたよね…すみませ…んっ!?

リリア
リリア
ふっ…っ
あなた

はぁっ…ぅ…

あなた

…せっ、先輩!

あなた

するときはするって、言ってくださいよ…///

リリア
リリア
すまんすまん、お主が可愛い顔をするものだから。
リリア
リリア
それにしても、今年はあなたのお陰でとても良い誕生日になった。ありがとう。
あなた

…私からも、言わせてください。

あなた

誕生日おめでとうございます。先輩。




"私、先輩のことが…大好きです!"