無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第48話

四十二話



ちゅっ…(ネージュがあなたの頬にキスする)
あなた

ネージュ
ネージュ
っ…
ネージュ
ネージュ
ふっ…アハハハ!!!
ネージュ
ネージュ
何期待してんの…プッ…フフフ…


ネージュが大爆笑しながらあなたに問う。
あなた

だって…こういうことされるの初めてだし…!

ネージュ
ネージュ
え、初めてなの…!?
ネージュ
ネージュ
おまっ…じゃなかった…あなたってモテない系なの?
ネージュ
ネージュ
かわいそうに…クククッ…
あなた

わ、笑うのやめてよ…!





あなたが涙目でネージュのことを見る。
ネージュ
ネージュ
(ドキッ…)
ネージュ
ネージュ
(あれ…おかしいな…)
ネージュ
ネージュ
(なんで僕はドキッとしてるんだ?)
ネージュ
ネージュ
(こんなヤツに)
あなた

…ネージュ君?

ネージュ
ネージュ
はっ…
ネージュ
ネージュ
な、なんでもない。
ネージュ
ネージュ
それより、お腹空かない?
ネージュ
ネージュ
もう夜6時だし。
あなた

もうそんな時間なんだ…

あなた

あ…

あなた

そういえばなんだけど、ネージュ君は明日学校だよね?

ネージュ
ネージュ
は?
ネージュ
ネージュ
こっちは君のせいで学校3日間全部休みなんだよね〜
ネージュ
ネージュ
今日は日曜だから普通にオフだったけど。
ネージュ
ネージュ
この3日間は仕事がたまたまオフだったから学校行けそうだったのにさ。
あなた

…ん?

あなた

仕事…?

ネージュ
ネージュ
え、知らないの?
ネージュ
ネージュ
僕、大人気俳優なんだけど。
あなた

えっ、ロイヤルソードアカデミー生じゃないの!?

ネージュ
ネージュ
いや、ロイヤルソードアカデミーの2年だけど。
ネージュ
ネージュ
学校と仕事を両立してんの。
ネージュ
ネージュ
君のところのヴィー君と同じだよ。
あなた

ん…?

あなた

2年生なの!?

あなた

ごめんなさい、普通にタメ口で話しちゃいました!

ネージュ
ネージュ
別にいいけど。
ネージュ
ネージュ
敬語で話されるの嫌いなんだよね。
あなた

あ、そうなんだ…じゃあ、タメ口でよろしくね!

ネージュ
ネージュ
(今、嘘ついた)
ネージュ
ネージュ
(ほんとはほぼ知らない人にタメ口使われるの嫌い)
ネージュ
ネージュ
(でも…)
ネージュ
ネージュ
(初めて、この子あなたにはタメ口で話して欲しいって思った)
ネージュ
ネージュ
(普通の人なら嫌だったんだけどね)