無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第38話

三十二話
学園長
学園長
それは…
グリム
グリム
あなたっっっ!!!
グリム
グリム
大丈夫か!??
エース
エース
こら、グリム!
デュース
デュース
うるさいぞ!
ケイト
ケイト
グリちゃん、今は来ないで。
グリム
グリム
ふなっ!?
トレイ
トレイ
ああ、それがあなたのためだ。
デュース
デュース
僕、グリムをオンボロ寮に返してきます。
学園長
学園長
ああ、お願いします、スペード君。
学園長
学園長
ゴホン…では、話の続きを…
学園長
学園長
あなた君を元に戻す方法、それは…
学園長
学園長
あなた君の記憶を魔法石を使って全部消すことです。
トレイ
トレイ
!!?
ケイト
ケイト
!!
エース
エース
記憶を消す!?
学園長
学園長
ええ…残念ですが、それしか方法が…
トレイ
トレイ
そんなの、俺らにはできません…!
学園長
学園長
ですが、そうしないとあなた君が死んでしまう!
学園長
学園長
神に願ったって、どうにもならないんですよ!
エース
エース
(ああ、全部オレのせい…)
トレイ
トレイ
…一旦、席を外してもいいか?1人で考えたい。
ケイト
ケイト
…オレも。
学園長
学園長
ええ、構わないですよ。トラッポラ君はどうしますか?
エース
エース
オレはここに残ってあなたを見てる。
学園長
学園長
ええ、わかりました。じゃあ、私も少し席を外します。




皆が保健室から出て行く。
エース
エース
…ごめんな、あなた。


エースは目覚めないあなたに向かって声をかける。
エース
エース
オレのせいで…オレが弱っちいせいで…!あなたが…



エースが泣きながら声をかける。
エース
エース
もし、目覚めたら、またオレと一緒に笑ってくれるか?
エース
エース
オレと一緒に、授業受けてくれる?
エース
エース
あなた、答えてくれよ…
エース
エース
っ…ううっ…
エース
エース
あなた、あなた…あなたっ!!
あなた

……

エース
エース
オレには、"あなたが必要なんだ!"

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あなた

(ここは、どこだろう…)

あなた

(私はなんでここにいるの?)

あなた

(ああ、そうだ…)

あなた

(リドル先輩がオーバーブロットして…)

あなた

(ずっと深い、闇の中…早くここから出たいのに…出られない!)

???
???
ここからは出られないよ。
あなた

誰…?

???
???
ここから君は出られない。
???
???
君はずっと1人ぼっち。
???
???
君を必要としている人がいない限り出られない。
あなた

そん、な…

???
???
(そう、ここからは出られない、出させない…!)