無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第31話

二十五話



ハーツラビュル 何でもない日のパーティー中
リドル
リドル
庭の薔薇は赤く、テーブルクロスは白。うん、完璧な"なんでもない日のパーティー"だね。
リドル
リドル
ティーポットに眠りネズミは入っているんだろうね?
トレイ
トレイ
はい、逃げ出したとき用の鼻にぬるジャムもあります。
リドル
リドル
うん、よろしい。
デュース
デュース
エース、今じゃないか?コソッ…
エース
エース
ああ。行ってくるわ〜






エースがリドルに近づく。
エース
エース
あの〜、寮長。
リドル
リドル
ん?君は…ボクのタルトを食べて首輪をつけられた子か。何か用があるのかい?
エース
エース
えーっと、この間のお詫びにマロンタルトを焼いてきたんですけどー
エース
エース
よかったら…
リドル
リドル
…なんてことだ!
リドル
リドル
ハートの女王の法律第562条、"なんでもない日のティーパーティにマロンタルトを持ち込むべからず"に違反しているじゃないか!
リドル
リドル
今すぐマロンタルトを廃棄しろ!!
エース
エース
はあ!?
デュース
デュース
流石にそれはやりすぎです!
リドル
リドル
ボクに逆らうとはいい度胸だね…
首を刎ねろ!オフウィズユアヘッド



エース&デュース&グリム うわぁぁぁぁ!
トレイ
トレイ
すみません寮長、マロンタルトを作ろうと言ったのは俺です。
リドル
リドル
マロンタルトを作ったことが問題じゃない!
リドル
リドル
今!ここに!持ち込んだことがダメなんだ!
リドル
リドル
トレイ、ケイト!こいつらをつまみ出せ!!




トレイ&ケイト はい、寮長…
エース
エース
はあ!?先輩達はこれでいいのかよ!?
トレイ
トレイ
すまない…
ケイト
ケイト
ごめんね〜!でも、寮長からの命令だからさ…





そして、エース達が追い出される。
エース
エース
あーくそっ、腹立つ!!あの赤毛のチビ暴君!自分がハートの女王にでもなったつもりかよ。
デュース
デュース
寮長に逆らって追い出されるなんて…どんどん優等生から遠ざかっていく…
グリム
グリム
この首輪が重てえんだゾ…
チェーニャ
チェーニャ
その首輪の重ね付け、イカしとるにゃあ。



全員 うわぁぁ!
デュース
デュース
だ、誰だ!?
チェーニャ
チェーニャ
俺はアルチェーミ・アルチェーミエヴィチ・ピンカー。
エース
エース
アルチェ…なんだって?
チェーニャ
チェーニャ
皆からは"チェーニャ"って呼ばれてるかねぇ。
エース
エース
どうでもいいけど、オレはあの暴君に理不尽な目にあわされて機嫌が悪いんだよ。どっか行け。
チェーニャ
チェーニャ
リドルが暴君…フフフ。
チェーニャ
チェーニャ
あいつはちっさい頃から真面目でねぇ
デュース
デュース
何か知ってるのか?
チェーニャ
チェーニャ
知ってると言えば知っとるし、知らないと言えば知らにゃあ。
グリム
グリム
どっちなんだゾ…?
チェーニャ
チェーニャ
君ら、リドルについて知りたぁの?
エース
エース
ああ、知りたいね!
どうやって育てたらあんな暴君に育つのかねぇ!
チェーニャ
チェーニャ
それならあの眼鏡に聞くんだにゃあ。
デュース
デュース
眼鏡…クローバー先輩のことか?
チェーニャ
チェーニャ
あいつは小さい頃からリドルのことをよく知っとるにゃあ。
チェーニャ
チェーニャ
そんじゃ、ほいじゃ。
デュース
デュース
あ、おい!
チェーニャ
チェーニャ
フフフーン♪
グリム
グリム
変なやつなんだゾ…
デュース
デュース
とりあえず、クローバー先輩に話を聞きに行こう。それに…
エース
エース
謝ってこの首輪を外してもらうなんて、ダセーから絶対やだ。
あなた

…頑固なんだね。