無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

二十七話
学園長
学園長
それなら、決闘してあなた達が寮長になればいいんじゃないですか?



全員 は…?
エース
エース
んなこと出来んのか?
学園長
学園長
ええ、ちなみにハンデとなるものは禁止なため、その首輪も外してもらえますよ。
デュース
デュース
本当ですか!?
トレイ
トレイ
お前ら、本気か…?
エース
エース
本気に決まってんじゃん。
エース
エース
オレはあの暴君に謝ってもらうんだからな。
学園長
学園長
では、決闘手続きを進めますので。
学園長
学園長
明日には終わってるので決闘はいつでも大丈夫ですよ。







なんやかんやで決闘の日に……
学園長
学園長
私が投げた手鏡が落ちた合図で始めますよ。
学園長
学園長
レディ…ファイ!!

ガシャァァァン!(手鏡が割れる)
リドル
リドル
首を刎ねろ!オフウィズユアヘット




ガチャン!!
エース
エース
のわぁぁっ!
デュース
デュース
うわぁっ!
リドル
リドル
フン、5秒もかからなかったね。
あなた

何が起きたのかが分からない…

グリム
グリム
クッソー!オレ様の首輪が…
リドル
リドル
このボクに挑むというのに、そんなに弱いんじゃ話にならないね。
リドル
リドル
出直してきたら?
エース
エース
なっ…その言い方はないんじゃねえか!?
デュース
デュース
流石にそれは…
あなた

言い過ぎだと思います!

リドル
リドル
は…?言い過ぎ?
リドル
リドル
ただ真実を言っているだけではないか。
リドル
リドル
2人はどう足掻いてもボクには勝てない。
あなた

でもっ…!

リドル
リドル
うるさい!お前あなたみたいな魔法の使えない奴にどうしてそんなこと言われなきゃならないんだ!
リドル
リドル
どうせ親も魔法が使えない"クズ"なんだろ!
リドル
リドル
そもそも魔法が使えないのにどうしてこの学校に通えるのかが分からないね。
リドル
リドル
ルール違反なんじゃないか?君みたいな人がいるといずれ学校全体が崩れる。今すぐ追い出すべきだ!
あなた

っ!

エース
エース
おい、いい加減にしろよ暴君!!
デュース
デュース
その言い方はないんじゃないですか、寮長!
エース
エース
さっきからルールとかうるせぇよ!
リドル
リドル
…は?
エース
エース
口を開けばルールばっか!ルールを守れなかった奴は首を刎ねるとか意味わかんねえ!
リドル
リドル
いいかい、ここの寮ではボクがルールなんだ!
リドル
リドル
ボクが絶対に正しい!
リドル
リドル
お前らが間違ってるんだ!
リドル
リドル
ボクが、ボクが…
リドル
リドル
絶対に、正しいんだぁぁぁぁぁ!!!
トレイ
トレイ
リドルゥゥゥゥ!!!