無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

十三話
ガチャ(談話室の扉を開ける)
あなた

エース、案内おわったよ〜。

エース
エース
お、じゃあさっさと風呂入る順番決めようぜ。
グリム
グリム
ここは公平にじゃんけんで決めるんだゾ!
あなた

じゃあいくよ〜

あなた

最初はグー、じゃんけんぽい!

あなた

エース
エース
グリム
グリム
あなた

やった!一番風呂だ!!

エース
エース
嘘だろ…負けた…
グリム
グリム
ふなぁ!オレ様の一番風呂が〜!
あなた

でも負けたんだからしょうがないでしょ。
あ、エース、グリムと一緒にお風呂入ってもらえる?

エース
エース
はあ〜?
エース
エース
めんどくせ〜
あなた

ごちゃごちゃ言わない!
じゃあお風呂入ってこよ〜

エース
エース
あ、おい!
(あなたがお風呂場に向かう)
グリム
グリム
オレ様エースと風呂入るのか!?
ならまだあなたの方が良かったんだゾ…
エース
エース
おいコラ。
エース
エース
…あ!いいこと思いついた〜!
エース
エース
なあグリム、少し耳を貸してくれないか?
コソコソ…
グリム
グリム
…!
グリム
グリム
それ、後であなたにめちゃくちゃ怒られそうなんだゾ…
エース
エース
いーじゃんいーじゃん!
別に男なんだからさ!
グリム
グリム
(エースはあなたが女だってこと知らないのか?)
グリム
グリム
(まあ、あなたからは女だってこと言うなって言われてるから、エースを止めることはできないんだゾ…)
グリム
グリム
(あなた、ゴメンなんだゾ…)
エース
エース
おいグリム、早く風呂場にいこ〜ぜ!
グリム
グリム
わ、分かったなんだゾ…。







その頃あなたは…
あなた

(ふぅ…やっとカツラと胸の包帯を外せたよ…)

あなた

(生まれて初めて男装したけど、ラギー先輩以外の人は気づいてなさそうだね…良かった…)

あなた

(明日、エースとデュースを呼んで、私が女だってことを言おうかな…)

あなた

(なんか、友達を騙すのって嫌だからね)

あなた

…さ、お風呂入ろう。

湯船に浸かる
あなた

う〜ん、一番風呂最高〜!

あなた

ふぅ…

あなた

(お風呂入ると疲れが取れるな〜)

あなた

(あ、シャンプーしないと…)

シャンプー中
あなた

(私、髪が胸くらいまであるから、カツラするときに邪魔なんだよね…切っちゃおうかな…)

あなた

(もう泡流そう…)

あなた

(よし、次はコンディショナーをつけないと!)

あなた

(髪は綺麗に保ちたいからね)

あなた

(…よし、髪に浸透させてる間にお湯に浸かってよ…)

ばぁぁぁん!
あなた

えっ!?誰!?

???
???
ばあっ!
あなた

(湯気で誰か見えない…)

???
???
そんな驚く?
あなた

(この声は…!)

エース
エース
オレとグリムだよ、あなた
グリム
グリム
あなた…ゴメン…
あなた

…は?