無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第62話

リリア先輩 お誕生日おめでとう!



リリア先輩と付き合ってる設定です!




では、本編へ⤵︎





ミステリーショップ
あなた

…どうしよう。

あなた

アレも良いし…こっちでもいいな…

グリム
グリム
長ーんだゾ。そんなの、ぱぱっと決めちまえよ。
あなた

でも、大事な先輩の誕生日だよ!?

あなた

(確か先輩が…)




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
リリア
リリア
う〜む…
あなた

何かあったんですか、先輩。

リリア
リリア
ああ、あなたか…
リリア
リリア
最近、ちと忙しくての…なかなか寝れずにいるからクマが取れなくて…
リリア
リリア
どうしたものか…


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あなた

(って言ってたから…)

あなた

(ホットアイマスクでもプレゼントしようと思ったんだけど…)

あなた

グリム〜、グリム貰うならどっちがいいかな?

グリム
グリム
オレ様は…
グリム
グリム
その、"永遠の眠りにつくような、安らかな眠りに導きます〜40℃のホットアイマスク"ってやつがいいんだゾ。
あなた

これね!オッケー!




買った。
あなた

よしっ、これをリリア先輩の誕生日パーティーのとかに渡すぞ!喜んでくれるといいな…!

グリム
グリム
あいつならなんでも喜んでくれそうなんだゾ。





そしてあっという間にパーティーの時間に近づく。
あなた

よし、プレゼント持ったし、準備もバッチリ!

あなた

じゃ、行ってくるねグリム。良い子でお留守番してるんだよ!

グリム
グリム
おう!