無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第77話

ポッキーゲーム


どうも作者です!
この前とったアンケートの結果…
ハーツラビュル寮の人達と、ラギーとフロイドが候補に上がったので
その人達とあなたちゃんに"ポッキーゲーム"をしてもらいたいと思います!





⚠️このポッキーゲームのお話は、あなたちゃんが色んな人達に求められますが(?)苦手な人はお避けください。
それでは本編へ⤵︎

ーーーーーーーーーーーーーーーー






突然だがあなたはモブに誰か7人とポッキーゲームしないと全財産を失うという魔法をかけられてしまった!(早口)



放課後 中庭にて…
あなた

(あー…これからどうしよ…)

あなた

(急にポッキーゲームしないといけないって言われても…)

あなた

(あのモブめ…)

ケイト
ケイト
ヤッホー、あなたちゃん!
ケイト
ケイト
そんな暗い顔してどうしたの?
あなた

あっ、ケイト先輩!

あなた

実は…




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ケイト
ケイト
えっ、そんな魔法をかけられちゃったの?
あなた

はい…で、これからどうしようかなと…

ケイト
ケイト
ふーん…
ケイト
ケイト
とりあえず、はいチーズ!
あなた

えっ!?

ケイト
ケイト
(あなたの写真を撮る)
ケイト
ケイト
#ポッキーゲームしたい人募集中#ユニーク魔法をかけられた#あなたちゃん#許すまじ
ケイト
ケイト
はい、アップ完了!
あなた

ちょっ…!

ケイト
ケイト
これで6人なんてあっという間に集まるんじゃない?
あなた

えっ、6人…?

ケイト
ケイト
7人のうちの1人はオレだから、6人。
あなた

ええっ!?

ケイト
ケイト
何?けーくんじゃ嫌だ?
あなた

いや、そういう訳じゃなくて…///

ケイト
ケイト
じゃあ、いいよね?
ケイト
ケイト
ほら、早くポッキー買いに行こ!
あなた

いや、ちょっ…!?



ーーーーーーーーーーーーーーーー
ケイト
ケイト
よしっ、無事ポッキー入手!
ケイト
ケイト
それじゃ、始めよっか。
ケイト
ケイト
(本当は、甘いもの好きじゃないんだけど…)
ケイト
ケイト
はい(ポッキーを渡す)
あなた

心の準備が…

ケイト
ケイト
いいから早く〜
あなた

あっ、はい…

あなた

ん…(ポッキーを咥える)

ケイト
ケイト
じゃあいくよ?


サクサクと、ケイトとあなたがポッキーを食べ進める。
あなた

(うう…目、そらしたいけど、そらしたら負けだからなあ…)

あなた

(ていうか、ケイト先輩めっちゃ見てくるじゃん!恥ずかしっ!)




気づくと、もうキス寸前のところまで迫っていた。
ケイト
ケイト
ケイト
ケイト
(あなたの後頭部を押さえる)
あなた

!?

あなた

(っ…!)




そして、唇に柔らかな感触がすると、何か甘いものが口に流れ込んできた。
あなた

んんっ…!?

ケイト
ケイト
ん…
ケイト
ケイト
はぁっ…ポッキー美味しい?
あなた

っ///

ケイト
ケイト
あはは、あなたちゃん顔真っ赤!
あなた

元はといえばケイト先輩が悪いんです!

ケイト
ケイト
え〜?
ケイト
ケイト
オレはただゲームに勝とうとしただけなのに〜
ケイト
ケイト
ちなみに、あなたちゃんはキスする時に目瞑っちゃったからオレの勝ちね。
あなた

うう…





ピロン♪
ケイト
ケイト
あっ、さっきの写真のコメントが来た。
ケイト
ケイト
どれどれ…
ケイト
ケイト
あっ、リドルくんからじゃん!
ケイト
ケイト
「今すぐあなたを連れてハーツラビュルに来い」だって!
あなた

ええ…

ケイト
ケイト
もしかして、リドルくんもポッキーゲームしたいんじゃない?
あなた

まさか、そんな訳ない…

ケイト
ケイト
じゃあ早くいくよ〜
ケイト
ケイト
怒らせたら首が飛んじゃう!
あなた

あっ、ちょっと待って下さい…!

あなた

(って、話聞いてないしっ!)