無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

十二話
あなた

えっと…お風呂さん!お湯を張って!

エース
エース
お風呂さん…w
お風呂にお湯が注がれる
あなた

うわぁ!すごい!

エース
エース
てかさぁ、あなた、いつも風呂どうやって入ってたんだよ…w
エース
エース
風呂の沸かし方知らないやつなんて初めてみたわ…
あなた

え…お風呂場にボタンがあるから、そのボタンを押して蓋をすればお湯が沸いたけど…。

エース
エース
ボタン?そんなんあるんだ…
あなた

(あ、そっか…エース達は私が異世界からきたってこと知らないんだ…)

あなた

(学園長とグリムは知ってるけど…)

あなた

(エースとデュースくらいには、話してもいっか…)

あなた

(後で話そう…)

あなた

あ、そうだ

あなた

9時からゴースト達にオンボロ寮案内してもらうんだった…

あなた

エース!今何時!?

エース
エース
えっと…8時57分
あなた

マジ!?やばい、グリム、早く玄関に行こう!

グリム
グリム
わかった〜
エース
エース
え、ちょい、待てよ!
エース
エース
…行っちゃった。
エース
エース
(はあ…)
エース
エース
(なんでそんな約束ごときでオレといる時間を奪うんだ…?ゴーストとはいつでも会えるじゃんか…)
エース
エース
ハッ…ゴーストに嫉妬とか…バカバカしいわ…
エース
エース
(先に部屋戻って、あなた達が戻ってくるまで待ってよう…)
一方そのころあなたは…
あなた

いそげ!グリム!!

グリム
グリム
ふなぁ!もう走れねーんだぞ!
あなた

あと1分で9時…間に合うよ!グリム!

グリム
グリム
あ、もうゴースト達いるんだゾ!
あなた

ほんとだ!

ゴーストB
ゴーストB
よう!グリ坊達!
ゴースト
ゴースト
さあ、案内してあげるから俺達についてきて!
あなた

うん、ありがと!

ゴーストC
ゴーストC
ここは客人室で、ここは書斎で…
ゴーストB
ゴーストB
そしてここは客人用トイレでこっちはバスルーム。ここにはバスルームが3つくらいあったんだぜ。今は昔のようにぼろぼろじゃなく、新品みたいに綺麗だけどな!
ゴースト
ゴースト
んで、ここを上がると2階に入って〜、あ、ここがバルコニーだ!
あなた

わあ…!星が綺麗…!

ゴーストC
ゴーストC
だろ?
何か悩み事があったときにこの星空をみると、気持ちがスッキリするんだ!
あなた

そうなんだ!

ゴーストB
ゴーストB
もうこれで全ての部屋を回ったかな?
ゴースト
ゴースト
ああ。これで全部だ!
あなた

ゴースト達、今日は本当にありがとう✨

ゴーストC
ゴーストC
どういたしまして〜
ゴーストC
ゴーストC
じゃあ、また会おう!
ゴーストC
ゴーストC
またな〜
ゴースト
ゴースト
またな!
ゴーストB
ゴーストB
またな〜!
あなた

バイバーイ!

グリム
グリム
ふなっ、ゴースト達消えたんだゾ!
あなた

ほんとだね…じゃあ、エースのところにいこっか!