無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

二話
あなた

お待たせグリム!

グリム
グリム
ふなぁ…遅いんだぞ…
って、ほんとにあなたか!?
あなた

うん、私だよ。
まあ、カツラ被っただけだけどね。

グリム
グリム
お前、胸がなくなったんだぞ!?
あなた

グリム!そういうことは言わない!

グリム
グリム
ごめんなんだゾ…
グリム
グリム
あ、さっき学園長に渡された制服、さっそく着てみるんだゾ!
あなた

(制服もズボンだ…)
わかったー!

あなた

ちょっとまってて

数分後
あなた

着替えたよー!

グリム
グリム
おお!似合ってるんだぞ!
あなた

えへへ、ありがとう!

グリム
グリム
じゃあ、早速学園に行ってみるんだゾ!
あなた

そうだね!

学園に到着
学園長
学園長
えー、これから寮わけをします!
一人ずつ、鏡の前へ行って自分の名前を言ってください!
グリム
グリム
ふなぁ…なげ〜んだぞ…
あなた

しっ!グリム静かに!

グリム
グリム
うっ…
あっ!次はあなたの番なんだぞ!
あなた

あ、ほんとだ!
行ってくるー

そっか、グリムと私は二人で一つだから私の寮が決まればグリムも決まるんだった。
闇の鏡
闇の鏡
汝の名をのべよ
あなた

あなた・ローゼンです

闇の鏡
闇の鏡
汝の魂の形は…